「借入可能か」よりも「返済可能か」の方が重要

家族や友人などからの借入れの場合ももちろんですが、特に「貸金業者や金融機関」などからお金を借りる場合には「間違いなく返済していけるのか」と言うことを考える必要があります。個人的な関係の相手から借金をした場合には返済を憂慮してもらえる可能性も高く、仮に返済が遅れてしまっても大きな問題が発生しない可能性にも期待できます。しかし、貸金業者などを利用して返済が多くれてしまった場合には「社会的に共有される信用が低下する」というリスクが起こるため、出来る限り避けることが必要です。

カードローンなどを利用しようとしていると言うことは、何らかの理由で「その時点でお金に困っている状態」になっています。中にはお金に困っている訳では無く将来的な保険や一時的な資金確保のために利用することもありますが、「借りなければいけない」と言った思いから「契約が出来るかどうか」の方を重視して考えてしまう状況が多くなります。確かに、お金が必要な状況において「借りられるのか」というのは非常に大きなポイントになります。どれ程条件が良い環境で会っても実際に利用することが出来なければ何の意味もない為、まずは「契約してお金を借りる」と言うことが前提になります。その為、どうしてもきっかけの部分を最重要視してしまうことが多くなるものの、極論すれば「手段を選ばなければほぼ全員が契約できる」と言えるため、むしろ「間違いなく完済できるのか」を重視した方が最終的なメリットは大きくなります

返済が遅れてしまった時、それが1日や2日であれば大きな問題には発展しない可能性もあります。しかし、1週間以上の遅延や滞納が起こってしまった場合には、本人と貸し手(消費者金融など)だけの問題では止まらず、「貸金業者間で共有される信用情報」として事実が記録されてしまいます。その結果、ネガティブな実績が蓄積されてしまうと信用契約が出来なくなってしまうことになるため、これを避けるべく「確実に返済し完済する」と言うことを重視することが重要になります。