借入金の可能額はどうやって決まるの?

カードローンなどの借入金の可能額がどうやって決まるのかは、金融機関が独自の判断をしているので、一概には決められない問題です。しかし、一定の共通点は存在します。ローン審査で必ず重視されるのは、年収、勤務形態、勤続年数、年齢などです。年収は高いほうが良いですが、芸能人のように不安定な収入の場合には、不利になるようです。安定性して高収入を得られるという意味では、公務員が最も有利になります。大企業の正社員として働いている人も、公務員ほどではないものの、有利になります。医師や弁護士などの一部の職業の人を除き、自営業者は一般的には不利であると言われています。

個人信用情報も審査に大きく影響することがあります。多くの人は期日を守ってしっかりと支払いをしていると思われますが、クレジットカードやローンで延滞をしている人は、与信枠を大きく減らされたり、そもそも融資を断られてしまったり、大きく不利になってしまうこともあります。消費者金融では1回や2回の延滞なら大目に見てもらえるようです。厳しい金融機関では、たった1回でも延滞の記録がある人は審査落ちの理由になります。住宅ローンのように、不動産を担保に提供する場合には、不動産の担保評価額も重要になります。住宅ローンの場合、3000万円の住宅を購入するなら、借入可能額は2400万円~3000万円程度になるでしょう。最近ではフルローンを組める銀行も増えていますが、公務員や大企業勤務の人など、よほど属性の良い人でないとフルローンは組めません。さらに、返済比率の基準も満たしている必要があります。意外と見落としがちなのが、クレジットカードです。クレジットカードのショッピング枠でも、リボ払いや分割払いにしていると借金と同じとみなされます。また、キャッシング枠がついている場合には、利用をしていなくても枠いっぱいまではいつでも借りられるので、借入件数1件としてカウントされてしまいます。