他の会社による借金の状況をヒアリングしていたキャッシングの動画

金融会社に対する融資の申し込みは、電話で行うこともできます。ところで私が以前に、ある動画サイトにてその電話での口頭のやり取りを聞いたことがあるのです。その中に、とても興味深い内容があったのですね。他の会社での状況を聞かれていました。

まず事の発端は、ある方がちょっとお金を借りようと思ったのです。それで、その方が動画サイトにてその電話申し込みの様子を録音していたのですね。かなりリアルなやり取りだったので、とても面白かったのですが。 その電話でのやり取りの最初の段階において、金融会社から色々と情報の調子が行われていました。お勤め先の状況や住所など、色々な情報の調子が行われていた訳ですね。

そしてその中の1つに、他の会社による借り入れがあったのです。しかもその借入れの状況に関して、金融会社からはかなり念押しがありました。 確かその金融会社の担当の方は、「本当に借りていませんね」と強調していた記憶があります。他の会社で借りていると、こちらでは審査が難しいですよ等と強調していたのです。

上記の話から分かる点は、少なくとも他の会社の状況が重視される事です。キャッシングの手続きを行っている方によっては、たまに別の会社とお付き合いをしている事があります。A社に対して申し込みをしている方が、以前に別のB社で借りているケースもたまに有るのですね。しかもそのB社での借金が、まだ残っているケースも珍しくありません。

上記の動画サイトでは、その残り状況が口頭で質問されていた訳ですね。つまりA社としてはB社の借金の残りがあると、ちょっと難しいと回答していた事になります。 つまり、それがその融資商品の特徴の1つと言えるでしょう。他の会社での借金が残っていると難しいこともあるので、できれば全て返済をしてから申し込みをするべきだと思います。完済をするのは難しくても、なるべく元金を減らすようにしておくと、通りやすくなる傾向があります。
ちなみに上記のような動画は幾つも見かけますので、自分でも探してみると良いでしょう。