初心者から始めるわかりやすい資産運用

FXで元本割れのリスクを感じたらシミュレーション

FXでの売買をしている方によっては、たまに長期スタイルになっています。この商品はスイングトレードなどで売買をしている方は多いのですが、実は長期で売買をしている方もまた多いのですね。いわゆるトルコリラなどを用いて、長期的な売買をしている方々も多くいらっしゃいます。
そのような売買の場合、基本的には強制損切りとの戦いになります。そもそもそのやり方の場合、コツコツと金利を積み上げていくやり方が多いですね。かなりの期間をかけて積み上げていく訳ですが、そのトータル金額はかなり大きくなります。1日あたりの金額はかなり低めでも、日数が多くなればやはり軽視できないものなのです。
ところが強制損切りとなると、話は別です。今まで積み上げてきた金額が、一気になくなってしまう事があるのもFXです。せっかく長い年月をかけて積み上げてきた金額が、強制損切りで無くなってしまうのはとても悲しいですね。
そして長期スタイルで売買を行っていると、必ず1度や2度は強制損切りの恐怖が訪れます。時には不測の大きな動きが発生して、強制損切りのラインが近づいてくる事もあるのですね。そのような時は、正直ハラハラしてしまうでしょう。
ところで個人的には、ハラハラした時にはシミュレーションというシステムを用いてみるのが良いと思います。たいていの金融会社では、そのシステムを使うことができるのですね。私が普段用いている会社でも、それを使うことが可能です。
それを用いてみると、今後どれ位の追加入金をすれば良いかがすぐに分かるのですね。未来の状況を色々と確認できるのは、とても安心できるものなのです。ですので私はちょっとピンチになった時には、必ずそのシステムを用いるようにしています。それで都度で追加入金をして、強制損切りを回避するようにしているのですね。
正直そのシステムを使うのと使わないのとでは、全く大きな違いがあります。やはり精神的なプレッシャーを感じるかどうかが、とても大きいですね。
FXはメンタルとの戦いの一面があります。安心して売買ができるようにするためにも、ハラハラした時にはそれを使うのが一番だと思う次第です。

 

 

FXの枚数を増やしてしまうと熱くなって損になる

 

FXという商品は、建玉の枚数が増えると感情が変わってしまうものです。時にはそれで、冷静さが喪失してしまう事もあります。ですので基本的には、枚数は増やさない方が良いと思います。
例えば口座に対して、100万を入金しておいたとします。それでとりあえず、1万枚での売買からスタートしたとしましょう。
それである時まで何回か売買を行った結果、思った以上に順調に進んだとします。最初は100万だった金額も、130万などに増加していたとしましょう。意外とよく有るパターンなのですね。
そのような時は、人々はどうも欲が生じる事が多いようです。もっと枚数を増やして売買をしても良いのではないかと思うのですね。つまり今までは1万枚で売買をしていたものの、2万や3万などに増やしてみるやり方です。せっかく利益が出ている訳ですから、それを試さない手は無いと思ってしまう訳ですね。
しかし私から見ると、それは避けた方が良いと思います。というのも枚数が増えれば、やはり心中穏やかではなくなってしまうのです。
確かに枚数が増えれば大きな利益は見込めるのですが、残念ながらFXはそれほど簡単ではありません。自分の思い通りに動いてくれれば良いですが、もちろん思い通りにならないケースも多々あります。今までよりも大きな金額が動くと、もちろん大きな損が発生する事もあるのです。思った以上に多くの損が発生すると、人間は冷静さを喪失してしまうものです。
この金融商品は、メンタルとの戦いの一面があります。冷静さをキープしていれば問題無く利益が発生するはずなのに、それが喪失してしまっていると大きな損が発生する事も珍しくありません。
つまり枚数が増えると、大きな損が増える確率が高まってしまう訳ですね。ですので好調だからといって、うかつに枚数は増やさない方が良いでしょう。前述のように、この金融商品はメンタルとの戦いの一面があります。メンタルを上手くコントロールして、欲を出すないようにするのも大切だと思う次第です。

 

 

窓が開いていてもすぐに埋まるとは限らないFX

 

本日私は、ちょっとFXの注文をする為に外貨の動きを見てみました。もちろんチャートで見てみたのですね。そして、典型的な状況が発生していた事に気が付きました。
本日は週明けなのですが、窓が発生していたのですね。それほど大きな窓ではありませんでした。
そもそも先週の金曜日にクローズをした時には、その外貨の終値は80.95だったのですね。ところが本日すなわち月曜日に価格をチェックしてみたところ、始値が80.93になっていたのです。正直かなり小さい窓と言えるでしょう。週明けのタイミングでは、もう少し窓が開いているものだからです。
とはいえ、窓は窓です。そのような時には、窓埋めが発生する事が非常に多い訳ですね。FXのセオリーの1つです。
ところで上記のような状況になっている時には、その後で考えられる動きのパターンは2つあります。窓がすぐに埋まってしまうか、それが埋まるまでに多少の時間がかかるパターンもあるのです。
前述のような状況では0.02しか窓が開いていない訳ですから、たいていその場合は前者になります。つまりすぐに窓が埋まってしまう訳ですね。実際に本日も、その通りになりました。最初の5分くらいは少し下落していたのですが、すでに80.98前後にまで上昇していたからです。典型的な動きと言えます。
ところが、実際にはそれほどすんなり埋まらない事もあるのです。現に数週間前も、そのような事がありました。同じく窓が開いていたのですが、今も埋まっていないのですね。その時はかなり大きな窓が開いていて、下落が加速しました。現在では多少のリバウンドの上昇も発生しているのですが、まだまだその時の窓には届かない状況になっています。
とは申し上げても、FXの窓は埋まる確率は比較的高いです。いずれはそれが埋まるのではないかと予想しています。もっとも、まだまだ時間がかかるとは思うのですが。
このようにFXの窓は、あっさりと埋まるパターンと、埋まるまでに多少の時間を要するパターンがある訳ですね。

 

 

二者一択のバイナリーオプションとは

 

バイナリーオプションは、金融商品のひとつでありオプション取引の一種になります。オプション取引は権利を売買することで、将来その商品や指数が値上がりするか値下がりするかを予測してあらかじめ決められた期日までにその権利を購入するというものです。通常のオプション取引は1ヶ月から半年といった先に期日が設けられているもので、スパンの長い取引になります。
一方で、バイナリーオプションでは、1日に10回程度の期限を設けているもので、短いスパンでの売買となります。また損益の確定も通常のオプション取引とは異なっている点に留意する必要があります。
バイナリーオプションでは、期日までに指数が上回っているか下回っているかを予想するもので、その権利の購入はオプション取引と同様にチケットで行われます。多くの金額を投資する場合にはチケットを多く購入することで行います。利益の確定は期限が来た時の指数で決定しますが設定された指数の変動が大きくなかった場合には、利益確定がなされないケースがあります。この場合には、購入されたチケットは業者の取り分となります。一方で、予想が外れた場合にはチケットはすべて無効になります。予想が当たった場合には、ペイアウト率に応じて払い戻しが行なわれます。ペイアウト率はおおむね1.8倍程度とされておりチケット購入分に対してペイアウト率を掛けた金額が払い戻されます。つまり1万円分購入した場合にペイアウト率が1.8倍であれば1万8千円が払い戻されるという結果になります。このためバイナリーオプションはハイリスクハイリターンな金融商品といえます。
その一方で、バイナリーオプションでは、投資金額が1000円からスタートすることができるので資金量が乏しい人でも投資をはじめることができるメリットがあります。またチケット購入分しか損失が出ないため、株やFXなどと異なり予め損失が分かっている投資商品になります。
参考:http://バイナリーオプション規制とは.jp/

 

こんにちは、私は30代フリーターをやっています、いつも自宅でのんびりしております。はっきり言ってダメ男の部類です。しかし、最近FXにはまっており、将来FXで食べていこうと思っています。よって今日はFXについて、いろいろと書いてみようと思います。

 

FXは外国通貨を買ったり、売ったりして儲けを出します。でも、通貨を買うってピンとこないですね。解りやすく身近なもので例を書きます。

 

ドーナツを110円で1つ買ったとします。このドーナツを1ドルと置いてしまえばよいのです。そうすると1ドル110円となります。

 

簡単ではありますが、これでお金でお金を買うということが理解できたと思います。しかし、FXでは外国通貨を買うだけでは、儲けがでません。

 

買った後、売って差額を得なければならないのです。こちらも少し解りにくいと思いますので、例を書きます。

 

お酒を100円で買いました。飲まずに寝かしておいたら110円になりました。110円になったお酒を買いたい人がいたので、110円で売りました。差額の10円儲かりました。

 

このお酒をそのままドルにします。すると1ドル100円で買った後に、1ドル110円で売ったことになります。これで、差額で儲かる仕組みが解ったと思います。

 

しかし、現実世界では身近なものを買った後に価格が変動し、ほしい人が現れることは、あまりまりません。でも、FXの世界ではお金の価格は常に変動しています。

 

その外国のお金の変動を見るのが為替レートと呼ばれています。為替レートは何故変化するのかというと、世界の至るところで通貨は売買されているからです。

 

実際にどのような人が取引をしているのでしょうか?考えられる人達をピックアップしてみました。

 

まずは海外旅行にいく人達、海外貿易や、海外事業をしている企業、為替取引をしている投資家などがいます。

 

ちなみに私がやろうとしているFXは外国為替取引なので、思いっきり為替変動に関わっています。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:25:22

私たちが売買を行うとなると、業者の選定が大切になる事があります。適切な業者を選ぶ方が、お得な事も多々あるのですね。
例えば買取というジャンルなどは、それに該当します。いわゆる買取店などでは、もちろん売買をする事になります。ご家庭で不要になった品物を売却する方々は、とても多いのですね。引っ越しなどでは、それはよく利用されます。
ところでそのタイプのお店を利用するとなると、選別が非常に大切になってくるのです。お店の選別次第では、かなりお得に売却できる事があるからです。A店の場合は買取金額が130万円で、B店の場合は160万円などと違いがあるからです。30万円もの差はかなり大きいので、業者の選別が大切なのは明らかでしょう。
ところでFXの場合は、業者の選別よりももっと大切な事があります。それが売買のやり方なのですね。
確かに業者の選別も、大切な一面はあります。手数料などはそれぞれ異なっているので、業者を選別すればリーズナブルに売買ができる事も多々あるでしょう。
しかしたとえ良い業者を用いていても、FXで大きな利益が発生するとは限らないのですね。それよりも大切なのは、売買の手法です。適切な方法で売買を行っていれば、たとえ業者の選定が間違っていても、大きな利益が発生する事もあります。逆に手数料がリーズナブルな金融会社を用いていても、売買のやり方が大きく間違ってしまっていれば、大きな損失が発生する事も多々あるのです。
確かにこの金融商品は、業者を選ぶ事も大切ではあります。日々頻度多く売買を行っている方にとっては、手数料が軽視できない一面があるのは確かですね。
しかしそれ以上に大切なのは、投資のやり方などに関する知識なのですね。業者を選ぶのも確かに大切ですが、それよりも勉強をする事がもっと大切だと思います。特にリスクに関する事などは、やはり勉強を重ねる方が良いでしょう。やはりそれに関する知識だけは、徹底するべきだと考えます。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:25:22

私はFXで、現役で売買を行っています。そしてここ最近は、できるだけ金額を抑えるようにしているのです。なぜなら以前に、大きな損失が発生してしまった事があるからです。
私が初めてその金融商品で売買を行ったのは、今から7年くらい前でした。折しも、ちょうど金融ショックが発生した時ですね。その時の私は、全財産に対する比較的大きな金額で売買をしていました。それで大きな損失が発生してしまったのですね。
当時の私は、主に買い玉による売買を行っていたのです。ほとんど売り玉を持っていませんでした。それであの金融ショックが発生した時には、損失額も拡大してしまったのですね。当時は、私と同じような経験をした方々も多かったと思います。
それで私は、数十万円ほどの損失が発生してしまいました。それは私にとっては、かなり大きな金額でしたね。数十万という金額は、当時の私の全財産を基準に考えると、かなり大きめな数字になります。それだけに精神的なショックも大きかった事を記憶しているのです。
それを教訓に、私はもっと売買の金額を抑えるようになりました。現在も私はその商品で売買をしているのですが、最高は10万円にとどめるようにしています。どれだけ自信がある時でも、必ず10万円以内にするように徹底しているのです。
この金融商品では、何が起きるか分からない一面があります。数年前はたまたま金融ショックが発生しましたが、そろそろ似たような事態が再度発生しても、何ら不思議はないと思っているのです。その時に数十万円もの金額を動かしてしまえば、また同じ思いをする事になるでしょう。それだけは避けたいですね。
現在私は10万円前後での売買をしていますが、それが全て無くなっても問題無いとも思っています。確かにまとまった金額ではありますが、それでも私の全財産を基準に考えれば、それほど大きなダメージはありません。つまり余剰資産なのですね。
このように無理の無い範囲で売買を行う事がとても大切だと、個人的には思っています。

続きを読む≫ 2015/07/22 07:25:22